少子化の中で永代供養を選択される方が増えています

subpage01

少し前までは、死者の遺骨は先祖代々のお墓に埋葬されるのが当たり前でした。

しかし少子化の影響で、従来の様にお墓を維持する事が困難になり、そんな中で永代供養を選択される方が急増しています。
従来のお墓では、墓地の永代使用権を購入し、墓石を建立して納骨しても、お墓の管理費等を支払う事が滞れば、一定の告知期間を経て、お墓はお寺さんにより撤去され、遺骨は無縁仏として合祀墓に移されます。
これが無縁仏化と呼ばれる状況です。



高額で墓地を購入し墓石を建立しても、子供や孫にお墓を維持するために金銭面や精神面の負担を掛け、その上何代か先には無縁仏化する可能性が高いのが現実です。

こうした無駄を考え、埋葬時に比較的安い一定の費用を支払えば、維持管理費を支払う必要がなく、永久に供養してもらえる永代供養を望まれる方が増えているのです。

日本経済新聞についての詳細な情報を知りたいならおオススメのサイトです。

永代供養の方法としては、合祀墓に遺骨を埋葬し、多くの故人の遺族がその合祀墓に手を合せる形式のものと、納骨堂の様に故人別の遺骨に向かって手を合せる事が可能な形式のものがあります。

また、自然回帰の考え方から、郊外に設けられた樹木葬の墓地を選択される方も増えています。

大きな桜の木の下に合祀墓を設けた形式や、個別に樹木が植えられ、その下に埋葬され、小さなネームプレートを墓標代わりとする様な形式のものもあります。



最近では、終活として生前に自分の遺骨を埋葬してもらう永代供養墓や納骨堂や樹木葬を選択し、生前に費用まで支払って準備する人も増えています。
少子高齢化が続く中、この永代供養のニーズは益々増えると言えるでしょう。