永代供養をすることのメリット

subpage01

世の中には、お墓を継ぐ子どもがいなかったり、お墓のことで子どもに迷惑をかけたくない、などの方々がいます。



そのような方は、永代供養をすると、子どもに代わってお寺が長年にわたって供養してくれます。

日本経済新聞関する情報選びで悩んだ時に見てほしい情報をそろえました。

また、一般的なお墓を購入するよりも費用が安くなる、というメリットがあります。


また、宗教や宗派に関わらず誰でも入れることができて、維持費やお布施もかかることがありません。
いつか身寄りがなくなったとしても、代わりに供養してくれる、などのメリットがあります。



しかし、永久的に個別に供養してくれるというわけではありません。
永代供養は一般的に、一定期間個別のお墓に入って、その後に他の方との共同のお墓に入るものと、最初から他の方と共同のお墓に入る場合があります。


個別に入っても、共同で入っても、お寺が続く限り供養はしてもらえます。


費用は納骨堂の種類や安置期間によって異なりますが、最初から他の方との共同のお墓に入る場合、費用が安く経済的負担が低くてすみます。

また、永代供養のばあい、それまでの祖先の位碑は、お寺で預かってもらうか焚き上げしてもらうのが一般的となります。このように永代供養は、後々お墓の管理を子どもや子孫に負担をかけることなく、お墓をたてるような高額な費用をかけずに供養してもらうことができます。
しかし永代に渡り供養することになるので、しっかりとじ情報を集めて事前に十分に検討して納得のいく内容で永代供養を行うことが大切です。